ドクターインタビュー

市村賢太郎先生:東京都豊島区池袋 池袋歯科診療所

ドクターインタビュー写真.JPG

ドクターインタビュー
:市村賢太郎先生


━━━フルパッシブ矯正についてどう思われますか?

  • 田村先生がクリアスナップを開発された当時、僕はまだ大学の教室に在籍していました。
  • たまたま白石先生に声を掛けていただいて、クリアスナップの最初の講演から聞かせて頂くことができました。
  • それから大学の患者さん数人に使ってみたところ、審美的に喜んでいただけたことはもちろん、やはり治療期間が短縮できるという実感を覚えました。
  • 自分の診療所に戻ってから現在までは、ほとんどの矯正治療をクリアスナップで行っています。

インタビュー写真.JPGインタビューの様子

━━━T21を導入しようと思いますか?

  • まだT21は使ったことがないんですが、是非使ってみたいと思っております。
  • クリアスナップと違ってブラケットから開発されたので、どのくらい使いやすくなっているのか非常に楽しみです。

━━━他のローフリクションブラケットはどうですか?

  • 他の商品はあまり使ったことがないのでなんとも言えませんが、クリアスナップやT21においては状況に応じて結紮も選択できるというメリットがあると思います。
  • そういった点でデーモンシステムの方が使いづらい印象がありますし、やはり審美的にもデーモンの方が少し劣ると思いますので導入する予定はありません。

━━━何かご意見ありますか?

  • フルパッシブ矯正の開発の経緯は、ただローフリクションブラケットで歯を早く動かしたいとか審美的に良いブラケットを作りたいといった安易な考えではなく、歯を結紮しないことで機能的に自然に近い状態で治療を行うためという考えから開発されたということだと思います。
  • クリアスナップで治療を行った患者さんのリテンションが増えてきて最近思うんですが、みなさん機能的にもとても安定しているという実感が湧いてきております。

市村賢太郎:東京歯科大学卒業後、同大学矯正学講座にて博士号取得。2007年に池袋歯科診療所に入局し、2010年より同医院の院長就任後、現在に至る。